Eredivisie第1節 FC Utrecht-AZ戦試合レポート

に公開 28 december 20, 09:20

Utrecht-9月から延期されたシーズン第1戦を残念な引き分けに終えたAZ。Pascal Jansen監督率いるチームはFC UtrechtのホームスタジアムであるStadion Galgenwaardで力強いカムバックを見せたが、後半のロスタイムに同点に追いつかれた。

去る水曜日に行われたホームゲームのVitesse戦(スコア3-1)で負傷したTimo Letschertが戦線離脱。それを受けてHåkon Evjenがスターティングイレブンに選ばれた。ノルウェー人のEvjenは右前線でスタート、そしてCalvin Stengsが10番の位置に入り、Teun KoopmeinersがLetschertの穴を埋めるべくセンターバックの役を請け負った。

試合最初のチャンスはAZが繰り出した。Jesper Karlssonが最初のシュートを距離のある位置から放ったが、キーパーEric Oelschlägelがギリギリのところではじいた。

相手側からもGyrano Kerkが素早い攻撃を見せEljero Erliaに鋭いパスをだしたが、Pantelis Hatzidiakosにブロックされた。それに続くコーナーキックからのボールをMark van der MaarelがシュートしたがTijjani Reijndersの足に当たってからゴール上を飛んで行った。その後フリーだったBart Ramselaarにボールが回ったがいい位置にいたもののボールをコントロールできずに終わった。

厳しい時間帯を乗り切った後流れはまたAZ側に回った。KoopmeinersのフリーキックはOelschlägelによってきわどいところで阻まれ、Myron Boaduのクロスはゴール前にいたStengsそしてJesper Karlsson共に渡ったもののゴールには至らなかった。その直後Karlssonがゴールを狙ったが、ボールはゴール横に消えていった。

AZが押していった中、先制点を挙げたのはFC Utrechtだった。Van der Maarelが縦パスをEliaに出し、EliaがキーパーMarco Bizotをかわしてゴールを決めた。線審がフラッグをあげたため得点が認められないかと思われたが、VARによる映像チェックの後得点が改めて認められ1-0となった。

先取点を挙げたUtrechtは地に足をつけ守備を固めていき、AZ側に攻撃させ素早いカウンターを狙っていった。1点目も述べたような素早いカウンターによりあげられ、Kerkがあわや2点目をあげるかと思われたが、シュートはゴールの前を通っていった。

試合開始直後同様、後半に入ってすぐにKarlssonが得点のチャンスをうかがったがOelschlägelの守るゴールには大きな隙がなかった。Boaduにもチャンスがあったが、ためらいを見せたがために得点にはつながらなかった。

コンパクトに試合を進めていったホームチームに対しチャンスを作っていったAZ、ペナルティーキックによりやっとのことで1-1の同点に追いついた。Fredrik Midtsjø のシュートをSimon Gustafsonが手でさばいたとAZ側がアピールし、VARによってこのアピールが認められペナルティーキックが与えられた。Koopmeinersが蹴ったボールはOelschlägelの足に当たったがゴールに入った。

同点になった後は両チームともこれといった危険をおこさぬまま進んでいった。Koopmeinersのフリーキックは低い弾道でゴール前に向けられたが、Boaduの足が指先ほど足らずボールに届かなかった。ユトレヒト側からはKerkがシュートを打ったがBizotが足で守り、Van der Maarel、元AZの選手であるJoris van Overeemのチャンスも得点にはつながらなかった。そんな中Stengsはチャンスをものにし、右足でOelschlägelの届かない隅へとシュートを放ち1-2とした。

試合終了近くになるとUtrecht側が攻撃の手を強め、ChelseaからローンによりAZでプレーしているJuan Familia-Castilloがトップチームでのデビューを果たした。Moussa Syllaによるシュートはゴール上を飛び、Sander van de SteekによるシュートはBizotの手中に収まり、Justin Hoogmaのヘディングはゴールライン際でKoopmeinersにより救い出された。しかしロスタイムにAdrián Dalmauがゴール間傍からボールを押し込み2-2の同点に追いつかれた。

この引き分けにより、波に乗った3連勝に痛いピリオドが打たれた。Eredivisie5位で冬休みに入り、短期間の休みを経て2021年1月9日(土)にPEC Zwolle戦でリーグを再開する。


試合記録:
FC Utrecht - AZ 2-2 (1-0)

Eredivisie

出場選手
FC Utrecht
: Eric Oelschlägel; Mark van der Maarel, Tommy St. Jago, Justin Hoogma, Django Warmerdam; Joris van Overeem, Simon Gustafson, Bart Ramselaar (77分 Adrián Dalmau); Gyrano Kerk, Sander van de Streek, Eljero Elia (65分 Moussa Sylla).

AZ: Marco Bizot; 菅原由勢, Pantelis Hatzidiakos, Teun Koopmeiners, Owen Wijndal; Fredrik Midtsjø, Calvin Stengs, Tijjani Reijnders; Håkon Evjen (58分 Ferdy Druijf), Myron Boadu (89分 Juan Familia-Castillo), Jesper Karlsson (81分 Zakaria Aboukhlal).

点: 30分 Elia 1-0, 64分 Koopmeiners 1-1 (ペナルティーキック), 83分 Stengs 1-2, 90+3分 Dalmau 2-2分.
警告: Hoogma, Van Overeem, Gustafson (FC Utrecht)
退場: -
主審: Pol van Boekel