Eredivisie第17節 AZ-ADO Den Haag戦 試合レポート

に公開 19 januari 21, 08:29

ALKMAAR-2021年1月16日(土)AZは貴重な勝ち点を漏らさず事なきを得た。ADOを相手にチャンスを作っていったものの、ハーグ側に先制された。2-1の勝利により勝ち点3がAlkmaarにとどまったのはZakaria Aboukhlalの活躍によるものだ。

試合直前に雪がやみ、試合開始のホイッスルが吹かれるとチャンスの雨が降ってきた。まずはPSV戦同様にJesper KarlssonのコーナーキックからTeun Koopmeinersにチャンスが回ってきたが、ヘディングされたボールはLuuk Koopmansに阻まれゴールの上を飛んでいった。
 
次のチャンスはMichiel Kramerがキーパーにヘディングでボールを戻したところから始まった。ゴール前に飛んだボールにAlbert Gudmundssonが飛びついたが、ボールをコントロールできずシュートは上方にむかっていった。その後再度Gudmundssonがボールと共にゴール前に現れたが、相手守備に少々バランスを崩し、放ったシュートはゴールわずか横にそれた。
 
AZの攻撃の合間をぬってVincente BesuijenがMarco Bizotの守るゴールを狙ったが、オフサイドが認められた。ハーグ側の攻撃はこのチャンスと、ハーフタイム前にBoy Kemperがフリーキックからのボールをヘディングした程度にとどまった。
 
対してAZ側は大量のチャンスを活かせずにいた。Owen Wijndalがゴールライン際からあげたクロスから放ったMyron Boaduのシュートはゴールバーにあたり、Gudmundssonがリバウンドに反応したがボールはゴールポストにあたった。Calvin Stengsもシュートを放ったが、キーパーにブロックされた。
 
ハーフタイム後のホームチームの攻撃には冴えがなくなった。しかもゴール前の落ち着きがない中、Michiel Kramerが得点をあげた。Pascal Jansenは迷うことなく、数分後にAboukhlalを含む4選手を交代出場させた。
 
交代出場選手の一人Timo LetschertはボールをBoaduにだし、ヘディングシュートが入ればアシストがつくところだった。その後Aboukhlalがゴールを決め、20分ほどを残して同点に追いついた。
 
試合終盤は先週のPEC戦の繰り返しとなるかと思われた。Tijjani ReijndersとFredrik Midtsjøにはつきがなく、Boaduのシュートはカーブしゴールポストに当たり跳ね返された。
 
AZは勝ち点1で満足しなければせねばならないかと思われたところ、Aboukhlalが危機を救った。Midtsjøがゴール前にいたBoaduにボールを出すと、ヘディングシュートで得点を狙ったがShaquille Pinasにはばまれた。しかしボールはAboukhlalの足元にこぼれ、ためらわずにシュートしたAbouhklalの決勝弾となった。
 
試合記録:
AZ - ADO Den Haag 2-1 (0-0)

Eredivisie
 


出場選手
AZ
: Marco Bizot; 菅原由勢, Pantelis Hatzidiakos (63分 Timo Letschert), Bruno Martins Indi (62分 Tijjani Reijnders), Owen Wijndal; Fredrik Midtsjø, Calvin Stengs, Teun Koopmeiners; Albert Gudmundsson (63分 Håkon Evjen), Myron Boadu, Jesper Karlsson (63分 Zakaria Aboukhlal).
 
ADO Den Haag: Luuk Koopmans; Milan van Ewijk, Dario Del Fabro, Boy Kemper, Juan Familia-Castillo (56分 Shaquille Pinas); Andrei Ratiu, Marko Vejinovic, John Goossens; Vicente Besuijen (72分. Kees de Boer), Michiel Kramer (79分 Nikos Karelis), Samy Bourard (72分 Bilal Ould-Chikh).
 
得点: 58分 Kramer 0-1, 72分 Aboukhlal 1-1, 89分 Aboukhklal 2-1.
警告: - 
退場: - 
主審: Björn Kuipers.